MENU

脱毛できない体質

脱毛できない体質というのがあります。誰もが脱毛できるわけではなく、それは、脱毛のメカニズムに関係しています。

 

脱毛のメカニズムは、メラニン色素に反応させて脱毛するので、基本的に、日焼けした肌には脱毛できません。光に弱い体質の人や、ほくろ、シミなどにも光の照射はできないことになっています。肌の手入れを行う上で大切なのは、肌にダメージを与えないことです。

 

脱毛する場合、どうしても肌への負担があります。脱毛できない体質があるので、まずは自分の体質を把握することが大事です。美容皮膚科クリニックなどの医療機関で医師に相談すれば、脱毛できない体質かどうかを判断してくれます。

 

安全かつ確実にケアを完了させるには、まず脱毛できる体質かどうかを見極める必要があります。脱毛する場合、体質や肌の状態が問題になります。サロンやクリニックでの脱毛は、光やレーザーを照射するので、肌に負担をかけることになります。そのため、安全に施術が出来るのかどうかが重要になります。脱毛できない体質で懸念されるのがケロイド体質ですが、ケロイド治療に力を入れているクリニックであれば、脱毛は可能です。

 

脱毛,できない,体質